個人事業主の損害賠償トラブル

個人事業主の方というのは、会社に所属している方と比べると責任が大きいため「一つの仕事を請ける際にも慎重になる」という方が多いと思います。大きな仕事であればあるほど、責任も大きくなりますから「この仕事は、本当に請けても大丈夫だろうか?」と再確認する方も多いと思います。

では、個人事業主の方のトラブルのひとつ、損害賠償トラブルについてご紹介しましょう。個人事業主の方が、クライアントから仕事を請ける際には必ず契約書を結んで、仕事を進めていると思います。そのため、この契約書の内容によっては、トラブル時に損害賠償を請求されてしまうケースがあります。本来、クライアントと個人事業主というのは信頼関係が築かれ、そのもとで仕事が成り立っているケースが多いですが、クライアントによっては契約書内容によって様々な請求をしてくるところもあります。時には、最初の打ち合わせとは全く違った方向性へと話が進められることもあり、仕様書などを変更されてしまうケースもあります。こういった時、「もう、この仕事は出来ない」と感じる方が多いと思いますが、一度契約を結んでしまった以上、契約解除などをすれば損害賠償を請求されてしまう可能性もあります。それだけ、個人事業主の方がクライアントから仕事を請け、仕事を進めていくというのは責任が大きいということなのです。

個人事業主の方は、常にこういったトラブルに巻き込まれてしまう可能性を秘めているため注意が必要です。損害賠償請求だけではなく、違約金を請求されてしまったりすることもありますから、慎重に契約を結び仕事を進めていくことが重要となります。損害賠償請求などをされた場合には、適切な対応が必要なので専門家へ相談してみると安心でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です